ドル円相場は1971年のスミソニアン協定によって1ドル=308円に切り下げられて、1973年に米ドルは固定相場制から変動相場制に移行しました。

お金は預けておくほうがいいのか
お金は預けておくほうがいいのか

お金の歴史。ドル円相場(1970〜2000)

ドル円相場は1971年のスミソニアン協定によって1ドル=308円に切り下げられて、1973年に米ドルは固定相場制から変動相場制に移行しました。その後2回の石油危機を経て、1980年の外為法の改正によって実需以外の為替取引が可能になったことで、それまでは10万ドル単位で取引されていたお金が100万ドル単位に変わり始めるなど、外為市場のスケールが急速に拡大していきました。

1985年のプラザ合意を契機とした円高誘導政策で、ドル安が進み、その後の円高と超低金利政策によって日本のバブル経済は拡大し、当時海外では日本の生命保険会社がザ・セイホと呼ばれるほど、機関投資家や投機筋が世界の為替市場を圧巻した時代でした。しかし90年代に入ると日経平均株価や地価の暴落からバブル崩壊が始まりました。日本の海外投資が激減する一方で対米輸出は伸びたため貿易黒字から来るドル余剰の状態は続いて、ドル円の下落は止まらず、95年には1ドル=79円75銭という歴史上最安値をつけました。しかし、日本当局はこの円高を食い止めることをアメリカと合意して、1998年の秋には1ドル=150円近くまでドル円が上昇しました。戦後一貫してドル円は円高ドル安のトレンドであったと言えます。


Copyright(c) 2017 お金は預けておくほうがいいのか All Rights Reserved.