為替レートは2つの国のお金の需要と供給の関係で決まるので1つの国の動きだけを見ていても捉えるのは難しいです。

お金は預けておくほうがいいのか
お金は預けておくほうがいいのか

日本のお金に対する姿勢

為替レートは2つの国のお金の需要と供給の関係で決まるので1つの国の動きだけを見ていても捉えるのは難しいです。しかし、現実には基軸通貨である米ドルの影響が強く反映されます。昔、日本に巨額の対アメリカ貿易黒字があった頃は貿易収支の数字によってドル円が大きく変動することもありました。ところが、最近では貿易収支の数字だけではなく、日本の経済指標が発表されてもあまり反応しなくなりました。

これは日本の発表される経済指標には予想数値が実際の値とほとんど同じであるため、サプライズがないということが原因の1つかもしれません。一方でアメリカは速報値などが多いため、実績値との乖離が大きくなることが多々あることから、指標の発表時によく反応します。

そんな中、日本が注目されるのは市場介入の兆しが見られる時です。日本の金融当局は過去に何度も大規模なドル買い円売り介入を行ってきました。例えば、東日本大震災の直後には円が急騰したため、ドル買い介入を行いました。普通、介入はいきなりおこなわれるのではなく、どの国でもそうですが介入の前には必ずと言ってよいほど市場に対して牽制の意味を込めた発言などの兆候が観察されます。そのようなシグナルを見逃さないようにすることが大切です。


Copyright(c) 2017 お金は預けておくほうがいいのか All Rights Reserved.